医療事務のお給料

あなたは医療事務の求人広告を見たことがありますか。
はたまた、医療事務として実際に働いている方にお話を聞いたことがありますか。

ほとんどの方が口を揃えて言う筈です。
『医療事務は安いよ』と。

今回は、その真実について私の実体験をもとに少しお話します。

本当に安いの? どのくらい安いの?

医療事務の給与は安いと思います。
安月給と言われてしまっても『そんなことない!高給取りだよ!』とは断言出来ないレベルだと思います。

しかし、こればっかりは一律で計れません。

何故なら『どのくらいのお給与で高給取り』とし『どのくらいのお給与で安月給』とするかは人によって考え方が違ってくるからです。

あとは、あなたがお勤めする医療機関の『土地柄』にもよると思います。
都会の医療機関へ行けば、田舎のそれと比べて給与は上がります。最低賃金が異なるのですから当然です。

ちなみに私の初任給は、手取りで15万を少し上回るくらいでした。
求人広告を見れば、18万、19万、20万と謳っているところもあります。

では、なぜここまで差があるのか。

就職の仕方には二通りある

どういうことか、とお思いでしょう。

医療事務として仕事をし、お給料をもらう方法は大きく分けて二つパターンがあります。

一つ目は『医療機関との直接雇用』です。
これは、直接雇用という言葉の通り、あなたが自分で働きたい医療機関へ足を運び、面接をして、直接採用してもらう方法です。

二つ目は『医療事務会社に就職し、医療機関へ出向する(派遣、もしくは業務委託)』というものです。

この場合、あなたは病院の職員ではなく、医療事務会社の社員となります。
あなたは医療機関で医療事務としてお仕事をしますが、給与は医療事務会社から支払われるのです。

さあ、もうお分かりですね。

あなたの給与は『あなた自身の価値観』『土地柄』のほかに加えて、この『雇用形態』で変わってくるのです。

それぞれのメリットとデメリット

給与の高低だけで言えば、断然、直接雇用形態の方がお給与は良いです。
会社ではないので異動などは原則なく、固定的に勤務を継続していける筈です。

ならば、医療事務会社に就職して、そこから医療機関に出向して働くことにはどんなメリットがあるのでしょう。

まず、医療事務会社の規模によっては全国展開しているところがあり、ありとあらゆる医療機関に繋がりがあるため転居などがあっても再就職が容易に出来る、などのメリットがあります。

他には、パートタイムやフルタイムなど自分の勤務形態を変更しやすい、ということもメリットと言えるでしょう。
しかし、先ほどから言うように給与は直接雇用に劣ります。

医療事務を目指すあなたにとって、どちらのメリットがより魅力的か。
あなたの未来のために、今一度、考えてみてください。

(ちなみに余談ですが、医療事務会社から医療機関へ出向して働く方法には『派遣』と『請負・業務委託』があります。
この二つは似て非なるものです。
気になった方は後学のためにも、ぜひ検索してみてください。)